肩こりの原因は食生活にもあった!?効果的な食材は?

肩こりの原因は食生活にもあった!?効果的な食材は?

高性能なマッサージ機を使用したり、頻繁にマッサージ屋さんなどに通っているけど、
なかなか肩こりが治らない・・・

 

こんな経験はありませんか?

 

もしかすると、肩こりが治らない原因は食生活にあるかもしれません。

 

肩こりと食生活は一見関係無いようにも思えますが、
実はかなり関係があるんです^^

 

食生活を改善していくことで、肩のこりにくい体質を作っていきましょう♪

 

姿勢の改善については、こちらをご覧ください。
>>肩こりは姿勢を治すことで改善する!?

 

肩こりと食生活の意外な関係性とは?

 

では、一体肩こりと食生活はどのような関係があるのでしょうか?

 

わかりやすくまとめてみました♪

 

肩こり,食生活,食材

どんな関係性があるの?

 

過度に偏った食事や栄養不足が原因で、
胃の調子が悪くなったり血行が悪くなってしまったりします。
そして、胃の不調や血行が悪くなることは、肩こりの原因にもなるんです。

 

なので、食生活にも気をつけることによって、
こりやすい体を作ってしまっているわけですね。

 

多忙が原因でジャンク食品ばかり食べていたり、
お酒を大量に飲んでいたりすると、緑黄色野菜などが不足しやすいので、
血行が悪くなっていってしまいます。

 

血行不良は肩こりの原因の一つなので、日頃から食生活に注意しておく必要がありますね♪

 

肩こりを和らげる効果のある食材をまとめました^^

 

食生活改善で肩こり改善!

 

ビタミンB

 

ビタミンB群は、
ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン
の8種類があり、疲労回復効果があります。

 

参考食材:豚肉、うなぎなど

 

ビタミンC・ビタミンE

 

ビタミンCとビタミンDを一緒に摂ることで、血行改善の他に酸化を防ぐことが出来ます。

 

また、ビタミンCはストレス等によっても摂取されてしまうので、
ストレス解消にも繋がりやすいと言われています。

 

ビタミンC参考食材:果物、じゃがいもなど
ビタミンE参考食材:かぼちゃ、アーモンドなど

 

カルシウム

 

丈夫な骨を作るためや筋肉の運動を最適化するために必要な成分です。

 

参考食材:豆類、バナナ、牛乳など

 

肩こりがなかなか治らないという方は、これらの成分が含まれている食材を積極的に摂ってくださいね♪

 

仕事や家事などで忙しく、毎日摂取するのは難しいという方は、
栄養素がたっぷり入っているスムージーなどを飲むこともひとつの手ですね!